夫は腰の不調をよく訴えます。腰痛があることは日常茶飯事ですが、無理をするとぎっくり腰に似た状態になったり、以前はヘルニアになったこともあります。

そのために、自宅近くの接骨院がかかりつけになっていました。この接骨院では柔道整復師である先生が、マッサージをしたり、指圧をしたりしてくれます。

また電気をあてたりすることもあります。一度受けると体が随分と楽になるために、夫は週に1度は通っていましたね。接骨院に通う年代は様々ですね。

若い世代のスポーツで疲労した、時には、痛めた部分を治療するために訪れる人もあります。また老人で痛みのある腰や足を治療するためにも訪れます。
マッサージといってもいろいろな部分に対応してくれるのです。

そして病院のサービスとしてかかりつけにしている人は緊急の訪問マッサージをしてくれることもあります。

私の夫は訪問マッサージを2度受けたことがあります。どちらも腰痛があり、マッサージの治療を受けたいが痛みのために接骨院までいけなという状況でした。

実際訪問マッサージに来てマッサージをしてもらい、最後にテーピングなどを施してもらうと、痛みはかなり楽になったようです。

柔道整復師は国家資格ですし、治療をする時には、保険も適応になります。
きちんとした知識と体の構造を理解してマッサージを行ってくれるので、治療後も痛みは軽くなるし、改善するので、マッサージをするならば接骨院がいいなと思っています。

^