自力で通院ができない・安静が必要と診断されているなどの人に対して、あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ったプロが自宅でマッサージを行うことを「訪問マッサージ」と言います。

訪問マッサージは医師の同意書があれば各種健康保険を利用することができるので、利用者の負担を大きく軽減することができます。
ただ誰でも訪問マッサージを利用できるのではなく、身体に麻痺などの症状があり医師がマッサージによる施術が必要だと判断した場合に限ります。
主に高齢者・障害者・病気で自宅療養をしている人が対象になります。
ただ単に肩こりや腰痛などで体調が優れない、などの理由では利用することはできないのです。

訪問マッサージは単なる疲労回復のためのマッサージではなく、身体の機能回復を目的としたりリハビリを目的にしたものなどがあります。
マッサージによって血行促進させ、代謝の促進やリンパの循環を促します。
それによって麻痺や痛みを軽減させることができます。
さらに関節周りをマッサージすることで、動きにくくなった部分の緩和を図ることができます。
運動療法を使えば、筋力の低下を防いで身体機能を向上させることも可能です。

体の硬い部分をなくすことで、柔らかい体へ。

体の硬い部分をなくすことで、柔らかい体へ。

身体のケアはもちろん、人と接して話すことによってストレスを緩和させるなどの、精神的ケアもできると考えられています。
在宅のサービス

マッサージを受ける人の状態によっては、訪問マッサージで身体機能を回復させ、本格的なリハビリや通院などができるようにするための手助けと言っていいでしょう。

^